【硬式野球部】 チャンスつくるも生かせず完封負け

<写真・2回連続三者凡退に抑えた小田>
   9月15日、兵庫県ほっともっとフィールド神戸にて平成30年度関西学生秋季リーグ戦第3節(対立命大1回戦)が行われた。先発は、きょうが初先発となった小田(経3)。初回と2回を三者凡退に抑え、好投を見せた。だが、4回に先制を許すと、勢いが失速。5回に2点を追加され、降板した。その後、登板した山本晃(経1)が被弾。さらに1失点を喫した。一方の打線はつながらず。立命大の6安打に対し、5安打を放つも、得点にはならなかった。チャンスを生かしきれず、4-0で完封負け。リーグ戦開幕2連敗となった。
   次戦はあす、同会場にて第3節対立命大2回戦が行われる。
【関学】小田、加藤(社2)、山本晃、藤井(法4)、深見(総3)-大上(商3)
【立命】山上、小橋、佐治-大本、榮枝
[本塁打]立命:大本
[二塁打]立命:安井、福武
試合後のコメント
片山翔太主将(商4)「きょうは序盤に小田がリズムをつくってくれた。打撃陣が打って先制したかったが、チャンスでの1本が出ず完封負けしてしまった。リーグ戦が始まってからの2試合打てていないので、もっとチャンスをつくっていかないといけない。あす負けたら勝ち点を落としてしまう。崖っぷちなので、あすは一戦必勝という気持ちで挑みたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です