【卓球部】男子は近大に勝利!女子は今季初黒星

<写真・ストレート勝利にガッツポーズをする高橋>

    9月14日、京都府京都市民体育館にて平成30年度秋季関西学生卓球リーグ戦4日目が行われた。男子は近大、女子は神松蔭大と対戦した。

     男子は1番手の佐藤(国4)、2番手の高橋(商3)がともに3-0で勝利し、チームに流れを作った。続く3番手の大西尚(商2)も3-1勝利。チームを勢い付けた。流れに乗り、ダブルスもストレート勝ち。春季リーグ戦で敗北を喫した近大に4ー0で圧勝した。

    一方、女子は1番手の秋山(教1)が第1セットを先取するも、流れをつかみ切れず、1-3で敗北。池上(教4)もストレート負け。思うように得点に結びつかない。だが3番手の青木(社4)は主将の意地で3-1で勝利し、チームを鼓舞する。ダブルスでは津隈(商4)、小脇(社2)が1-3で惜しくも敗北。5番手小脇、6番手津隈も力及ばず、1-4で敗れ、リーグ戦初黒星を喫した。

試合結果

男子   対近大  ☆4-0

1佐藤 ☆3ー0

2高橋 ☆3ー0

3大西尚 ☆3ー1

4高橋・廣田雅(経3)☆3ー0

女子 対神松蔭大  ★1-4

1秋山  ★1-3

2池上  ★0-3

3青木  ☆ 3-1

4津隈・小脇 ★1-3

5小脇  ★ 1-3

6津隈  ★ 0-3

試合後のコメント

備本将男子主将「きょうは全員が実力を出せたと思う。特に1番手の佐藤が苦しい状況の中、勝ってくれたので勢いに乗れた。春に負けた悔しさを全員が忘れずにいたことが今回の勝因だと思う。あすの京産大は思い切り向かってくると思う。より一層引き締めて頑張る」

青木沙也花女子主将「神松蔭大は本当に実力があって穴がないチーム。きょうは大事な場面で決め切ることができず、勝つことができなかった。しかし、チームの雰囲気は良い状態で挑めている。あすの同大戦も全力で楽しみながら戦って勝ちたい」


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です