【卓球部】 秋季リーグ、男女ともに4連勝中!

<写真・逆転勝利し、応援席に向かってガッツポーズをする宮脇

    9月13日、兵庫県ベイコム総合体育館にて平成30年度秋季関西学生卓球リーグ戦3日目が行われた。男子は同大、女子は関大と対戦した。

    男子は1番手の高橋(商3)、2番手の大西尚(商2)が3-0で勝利しチームに流れをつくった。続く3番手の佐藤(国4)は2-3と接戦を落としたが、ダブルスは3-1で勝利。5番手の卯木(法3)が激戦を3ー2で制した。同時に備本(経4)も3-1で勝利。同大を4ー1で下した。

    一方、女子は1番手の池上(教4)が3-0で勝利しチームを勢い付ける。続く2番手の宮脇(国3)も3-2で勝利。3番手の小脇(社2)が3-0で勝利しさらにチームを盛り上げる。ダブルスは4年生ペアの青木(社4)、池上(教4)が息の合ったプレーで3-1で勝利を収めた。関大を4-0で圧倒した。

    次戦はあす、京都府ハンナリーズアリーナにて男子は近大と女子は松蔭女大と対戦する。

試合結果 

男子団体 

対同大   ☆4ー1

1高橋☆3-0

2大西尚☆3-0

3佐藤★2ー3

4高橋・廣田雅(経3)☆3ー2

5卯木☆3ー2

6備本☆3ー1

女子団体

対関大   ☆4ー0

1池上☆3ー0

2宮脇☆3ー2

3小脇☆3ー0

4青木・池上 ☆3ー1

試合後のコメント

備本将男子主将「4ー0で勝つことはできなかったが、卯木も最後まで頑張ってくれた。苦しい展開もあったので、ベンチも引き締まった。あすは山場の近大戦。全員が闘志を燃やし、勝ちたい」

青木沙也花女子主将「きょうは4ー0で勝つことができたのでよかった。2番手の宮脇も0ー2から立て直し、勝ち切ってくれたのでチームの雰囲気もよくなった。あすは挑戦者のつもりで挑みたい」


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です