【バドミントン部男子】京産大に3ー2で勝利!

<写真・S2でストレート勝ちを収めた平岡>
  9月13日、龍谷大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ第2戦(対京産大)が行われた。
   第1シングルスでエース北里(総4)が安定したプレーでストレート勝ちを収めると、第2シングルスの平岡(国1)も終盤に得点を重ね、2セットを先取。第1ダブルスの石川(文4)・山下(人4)ペアが最終セットでシーソーゲームを展開するも敗北した。第2ダブルスの竹内裕(経4)・鍵谷(人3)ペアが2戦連続で白星を挙げた。最後は第3シングルスの中原(商4)が西日本インカレでの疲労を抱えながら出場。0ー2で敗れたが、チームはゲームカウント3-2で京産大を下した。
   次戦はあさって、近畿大学体育館にて同大会第3戦(対近大)が行われる。
本日の結果
S1 北里 ☆2-0
S2 平岡 ☆2ー0
D1 石川・山下 ★1ー2
D2 竹内裕・鍵谷 ☆2-1
S3 中原 ★0ー2
試合後のコメント石川泰成主将「きょうは、戸内(人2)との相性が悪い相手にS2で平岡を当てたが、しっかり1本を取ってくれたのが大きい。京産大はシングルスの1人が強力だが、どう当たってもこちらの方が実力があり、対処できる相手だった。D1で負けたのが残念。あと2点のところで、自分が勝てばチームが勝つ状況に勝ちを意識し、安全に動いてしまった。次戦の近大は故障者がおり、お互いに万全ではない。試合に出る人がチームの勝利のために、自分が1本を取るつもりで試合することが大事だと思う」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です