【バドミントン部女子】 4-1で神学大に勝利し、開幕2連勝!

<写真・ストレート勝ちで関学を勢いづけた水野>

9月13日、龍谷大学体育館にて、平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦が行われ、第2戦で神学大と対戦した。

   第1シングルスに、水野(文2)が出場。第1シングルスとしてリーグ戦初出場だったが、ストレート勝ちを収めた。続く第2シングルスの上田(文3)は最後まで粘りを見せたが、惜しくも敗北。第1ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアと、第2ダブルスの重信(人4)・村田(経2)ペアが、ともに圧倒的な強さを見せ勝利し、関学の勝利が決まった。第3シングルスの岩崎(教4)も落ち着いたプレーで、ストレート勝ち。関学はゲームカウント4-1で神学大に勝利した。

あさっては同会場にて第3戦(対龍大)が行われる。

本日の結果

S1水野☆2-0

S2上田★0-2

D1結城・佐々木☆2-0

D2重信・村田☆2-0

S3岩崎☆2-0

 

試合後のコメント

重信萌夏主将「きのうに引き続き、勝ち切れて良かった。蘭(社4)を温存するために、メンバーチェンジで出場した水野が思い切ったプレーで勝ってくれて感謝している。内容はともかく、焦らずに戦う気持ちを忘れずチームで戦えた。あさっての対戦相手は、龍大。ここで退いてしまったら意味がない。逃げずに自分たちのプレーでいい流れをつくっていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です