【庭球部男子】 リーグ戦4位で終了 4年生は引退

<写真・閉会式後に記念撮影をする選手たち>

   9月11日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。最終戦となった甲南大戦は、2-7で敗北。4位でリーグ戦を終えた。
   ダブルス3(D3)には、山口(神4)・山本(人4)組が出場。2セットともにタイブレークとなった接戦を制して1勝目を挙げた。だが、残りの2本は勝機がありながらも敗北。1-2でシングルスへ進んだ。シングルスでは、シングルス4(S4)、S5で立て続けにストレート負け。S6の神谷(経4)の勝利で意地を見せたが、その後も敗北を重ねて敗れた。
   リーグ戦の通算成績を2勝3敗とし、3年ぶりの1部リーグで4位となった。また、これをもって4年生は引退となった。
【試合結果】
D1  本間(経4)・田中伸(文4)(3-6、6(1)-7)
D2  栗山(商3)・吉田(商4)(4-6、6-4、5-7)
D3  山口・山本(7-6(6)、7-6(4))
S1 本間(4-6、3-6)
S2 吉田(3-6、1-6)
S3 田中伸(3-6、6-3、3-6)
S4 田中洋(法4)(1-6、0-6)
S5 高田(経4)(2-6、3-6)
S6 神谷(経4)(5-7、7-5、6-1)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「4位という結果に終わったが、選手たちは最後まで全力で頑張ってくれた。チーム一丸となって勝ち取った順位だと思う。この1年、本当にチームはバラバラで、1部リーグで戦う実力もなかった。だが、徐々に技術を上げ、みんなが1つになっていけた。最後は気持ちの込もった応援、サポートができていて、自分の理想のチームになったと思う。自分たちの代は王座の経験がなく引退することになり、それは悔しいが、下級生には力をつけて王座を目指して頑張ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です