【庭球部女子】 王座出場逃し、4位でリーグ戦終幕 4年生は引退

<写真・閉会式後に記念撮影をする選手たち>

   9月11日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。最終戦は姫大と対戦し、4-1で勝利した。
   ダブルス1(D1)の前田(人4)・栗本(社4)組は、リーグ全勝中だった相手に惨敗。一方、D2の藤原(国4)・明河(経2)組は、第1セットを僅差で落とすも、第2セットで巻き返しをはかり、フルセットを制した。1-1で迎えたシングルス。シングルス2(S2)の前田は、昨年の春関で破れた相手と第1セットから競り合った。タイブレークを制すると、第2セットは勢いに乗り勝利。S3の栗本は、ファイナルセットまで拮抗(きっこう)した展開になるも、最後はしっかりと2ゲームを取り切り、勝利した。S1の吉田もストレートで勝利を挙げ、シングルスは関学では2年ぶりの3-0。4-1で最終戦に勝利し、4位でリーグ戦を終えた。また、これをもって4年生は引退となった。
【試合結果】
D1  栗本・前田(1-6、4-6)
D2  藤原・明河(5-7、6-0、6-2)
S1 吉田(7-5、6-4)
S2 前田(7-6(3)、6-3)
S3 栗本(6(4)-7、6-3、7-5)
試合後のコメント
栗本麻菜主将「夏関で表彰台に立った3人で、シングルス3本勝てたのは大きかった。みんなの勝ちたい気持ちがコートに伝わって取れた勝利だと思う。このチームで本当に良かった。後輩には関学に誇りを持ってもらいたい。来年も王座出場は難しくなると思うけど、私たちがずっとやってきてできなかったことを成し遂げてほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です