【バドミントン部男子】 関大に4-1で勝利し、開幕白星!

<写真・リーグ戦初勝利を挙げた平岡>

  9月12日、龍谷大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第1戦(対関大)が行われた。リーグ戦初出場の第1シングルス、平岡(国1)が勝利し、先陣を切る。第2シングルスの戸内(人2)がストレート勝ちすると、第1ダブルスの竹内裕(経4)・鍵谷(人3)ペアも白星を挙げた。メンバーチェンジで入った第2ダブルスの西原(国3)・川波(社2)ペアが敗れるも、最後は第3シングルスの福原(社3)が2-0でストレート勝ち。ゲームカウント4-1で関大を下した。
次戦はあす、龍谷大学体育館にて同大会第2戦(対京産大)が行われる。

本日の結果
S1 平岡☆2-1
S2 戸内☆2-0
D1 竹内裕・鍵谷 ☆2-1
D2 西原・川波★1-2
S3 福原☆2-0

試合後のコメント


石川泰成主将(文4)「西日本の疲労などを考慮してきょうのメンバーを選んだ。最初の3本がきっちり勝ち切ってくれたのは大きかった。だが、関大は2部から昇格してきたチームだったから5-0で勝ちたかった。今大会は色んなメンバーが出場すると思うから、出た選手は絶対に1本取るという強い気持ちで戦ってほしい。春リーグは優勝したけれど、西日本は準優勝。チャレンジャーの気持ちを持って立ち向かっていきたい。そして、全員がチームの勝利に貢献するという強い気持ちを持って戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です