【射撃部】 悔いを残し、秋関終了

S_8556493469303.jpg
<写真・試合後、記念撮影に応じる部員たち>
 9月11日、大阪府能勢町国体記念スポーツセンターにて、第65回秋季全関西学生ライフル射撃選手権大会、第24回秋季全関西女子学生ライフル射撃選手権大会及び第15回秋季全関西学生ピストル射撃競技大会の最終日が行われた。
 本日は10mBPDS60㍍競技とMIXED TEAM競技が行われた。関学から3名と4ペアが出場するも、奮わず。入賞とはならなかった。
  次戦は10月18日より、埼玉県長瀞総合射撃場にて第65回全日本学生スポーツ射撃選手権大会及び第31回全日本女子学生スポーツ射撃選手権大会が行われる。
試合後のコメント
山内香奈主将(総4)「悔いが残る結果だった。試合日程が変わり、集中力が保てず力を出し切れなかった。そんな中でも2年生が頑張ってくれて夏合宿の成果が出たと思う。部の目標としていた関西制覇を成し遂げられず、やり切れなかった。インカレでは関東勢に負けず、自分たちの射撃ができるよう、入賞を目指して頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です