【卓球部】 秋季リーグ初戦、男女ともに快勝!




<写真・リーグ戦初出場で勝利した楊

    9月11日、兵庫県ベイコム総合体育館にて平成30年度秋季関西学生卓球リーグ戦1日目が行われた。男子は甲南大と対戦し4ー0、女子は立命大と対戦し5ー1で快勝した。

    男子は1番手の高橋(商3)、2番手の大西尚(商2)が3ー0で勝利し、チームに勢いを付けた。続く、初のリーグ戦出場となった3番手の楊(経1)も全勝。ダブルスも3ー1で勝ち切り、初戦は4ー0で圧勝した。

    一方、女子は1番手の小脇(社2)がストレート勝ち。だが、初出場の赤澤(社1)は2ー3となり、惜しくも敗北。続く、ダブルスは4年生ペアの青木(社4)、池上(教4)が息の合ったプレーで3ー1となり、5番手の秋山(教1)へ繋げた。今年度の関西選手権でランク入りを果たしている格上相手に、3ー2と粘り勝ち。同時に試合をしていた池上も3ー1で白星を挙げた。

  次戦はあす、同会場にて男子は龍谷大と大経法大と、女子は龍谷大と芦屋大と対戦する。

試合結果 

男子団体  対甲南大   ☆4ー0

1高橋 ☆3-0

2大西尚☆3-0

3楊☆3ー0

4高橋・廣田(経3)☆3ー1

女子団体 対立命大    ☆5ー1

1小脇☆3ー0

2青木☆3ー1

3赤澤★2ー3

4青木・池上☆3ー1

5秋山☆3ー1

6池上☆3ー1

試合後のコメント

備本将男子主将(経4)「今回のリーグ戦は中日がないので、疲れを溜めないようオーダーを慎重に決めた。1番手のエース高橋が余裕がある試合をしてくれたから、初出場の楊も勝てたと思う。あすは2試合あるが、全員で勝ち切りたい」

青木沙也花女子主将「リーグ戦はみんな固くなってしまうが、1番手の小脇が3ー0で勝ってくれたから勢い付いた。1年生も出場し、のびのびプレーできていたのでよかった。負けられない試合が続くので、1つ1つの試合に気を抜かず頑張る」


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です