【庭球部男子】 近大に3-6で敗れ、王座出場逃す

<写真・S4で勝利した田中洋>

   9月10日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。きょうは順延となっていた近大との残りの試合が行われた。関学は通算3勝6敗で敗北。王座出場を逃した。
   ダブルス3(D3)に勝ち、リードした関学だったが、その後は近大に終始圧倒された。D1の本間(経4)・田中伸(文4)組は、夏関の決勝で敗れたペアとの再戦。フルセットに持ち込むも、最後は振り切られた。D2も落とし、1-2でシングルスへ。シングルスでは、粘り強い戦いを繰り広げた。シングルス4(S4)の田中洋(法4)がフルセット勝ち。地力で勝る近大相手に意地を見せた。だが、チームは3-6で敗北。リーグ戦通算成績を2勝2敗とした。
   次戦は9月11日、同会場にて甲南大とのリーグ最終戦が行われる。
【試合結果】
D1  本間・田中伸(5-7、6-2、5-7)
D2  栗山(商3)・吉田(商4)(4-6、3-6)
D3  山口(神4)・中澤(法1)(0-6、6-2、6-4)
S1 本間(6-0、1-2)RET
S2 吉田(4-6、2-6)
S3 高田(経4)(3-6、3-6)
S4 田中洋(2-6、7-6(2)、6-0)
S5 神谷(経4)(3-6、1-6)
S6 山本(人4)(3-6、4-6)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「負けて悔しいが、近大相手にしっかり向かっていけた。ダブルスで思い通りにいかなかったのが痛かった。だが、メンバーの4年生は最後まで諦めずに戦ってくれて、本当に頼もしかった。あすは大学最後の試合になるので、絶対に勝って終わりたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です