【庭球部女子】 昨年の王者関大を倒せず完封負け

<写真・リーグデビュー戦となった高本>

   9月10日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第4戦は関大と対戦し、0-5で敗北した。
   ダブルス1(D1)に栗本(社4)・前田(人4)組が、D2に藤原(国4)・明河(経2)組が出場した。栗本・前田組は相手の隙のないプレーに太刀打ちできず、ストレートで敗北。藤原・明河組は、第1、第2セットともに、一時リードする展開をつくるも、終盤に追い上げられ敗北した。0-2で迎えたシングルス。シングルス1(S1)の吉田(国2)は、相手の速く重い球に圧倒され、2ゲームしか奪うことができず惨敗した。S2の前田は、あと一歩まで詰め寄るも、セットを取り切ることができず惜敗。リーグデビュー戦となったS3の高本(商3)もストレートで敗北し、昨年の王者関大に1勝も挙げることができず、敗北を喫した。
   次戦はあす、同会場にて姫大との最終戦が行われる。
【試合結果】
D1  栗本・前田(2-6、2-6)
D2  藤原・明河(3-6、3-6)
S1 吉田(2-6、0-6)
S2 前田(4-6、5-7)
S3 高本(0-6、3-6)
試合後のコメント
栗本麻菜主将「相手はダブルスの調子が良くなかったので、チャンスはあると思って挑んだ。だが、雨でインドアのコートだったため、風のない状態で、相手の球も速く、何もできなかった。関学が勝っていくためには、ダブルスを取るしかない。あしたの最終戦では関学らしさを出して、ボールを最後まで追いかけて勝ち切りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です