【バレーボール部男子】 秋季リーグ戦開幕! フルセット制し、初戦白星

<写真・得点を決め、雄叫びをあげるMB河西(法2)>
  9月9日、近畿大学記念会館にて2018年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第1戦が行われた。関学は京産大と対戦し、セットカウント3-2で勝利した。
  関西制覇へ向け、勝って勢いに乗りたい第1戦。第1セットでは序盤から3連続得点を決め、流れに乗る。夏の期間に強化したミドルも使いながら終始リードし、25-23で第1セットを奪取した。続く第2セットでも勢いを落とさず、25-21で終えた。勝負を決めたい第3セット。中盤に4連続得点を決め、点差を広げる。だが終盤に失速すると23-25で落とし、ストレート勝利を逃した。ここから勢いは京産大に移る。攻撃が決まらない関学は、息を吹き返した京産大に次々とスパイクを決められ、19-25で第4セットを落とした。勝負が懸かった最終セット。3点ビハインドの場面も、サイドを中心に得点を積むと逆転。16-14で最終セットを終えると、セットカウント3-2で勝利し、リーグ開幕白星を飾った。
  次戦は9月15日、京都産業大学にてリーグ第2戦が行われ、関学は立命大と対戦する。
試合後のコメント

隈部晃太主将(法4)「序盤はリードしているのに、終盤になると追いつかれた。1、2セットは何とか取れたが、3、4セット目は初めはリードしていたのに負けてしまった。この理由を、全員が考えていかないといけない。夏に強化してきたクイックは、序盤は積極的に使えていたが、自信がないからか終盤になると使えていない。レフトやライトに振るだけでは限度があり、勝っていくためにはもっとコンビなどを使っていく必要がある。トースワークに関しても練習不足の部分があると感じた。次戦は一体感のある試合で、上位リーグにつなげられるよう戦っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です