【バレーボール部女子】第2セットで奮闘するも、開幕戦敗北

<写真・点を決め、喜ぶ選手たち>

 9月9日、兵庫大学体育館にて2018年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦2部第1戦が行われ、関学は大大谷大にセットカウント1ー3で敗北した。
 試合開始直後から相手チームを追いかける展開に。徐々に点差を広げられ、点差を縮めることができないまま、16ー25で第1セットを落とした。続く第2セットは序盤からリード。一時は同点に追いつかれるも、有元(教3)のアタックやブロックが光り、25-23でセットを獲得。第3セットは、中盤に9連続失点を許した。そのまま流れを取り戻すことができず、18-25で敗北。思いは第4セットに託された。競り合う展開になった第4セットだったが、最後の粘りが足りず、敗北。セットカウント1-3でリーグ開幕戦を黒星で終えた。
 次戦は9月16日、流通科学大学にて第2戦(対兵庫大)が行われる。
試合後のコメント

三井香乃主将(経4)「絶対に勝てた戦いだったのですごく悔しい。きょうの試合では一人一人の強気な気持ちが足りなかった。自分たちの目標としているつなぐバレーを大事にして、来週は絶対に勝つ」
アタックとブロックで得点を重ねた有元里織「とにかく悔しい。決め球が出るのが遅すぎて、チームを勢いづけられなかった。チームとしては、いつもしているミスが勝負どころで出てしまったのが反省点。この課題をどう修正できるかが大事だと思う。もっと一人一人自覚を持って、これからのリーグ戦に臨みたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です