【水上競技部競泳パート】 インカレ2日目終了! 決勝進出者0も力泳!

<写真・400㍍メドレーリレーを泳ぐ第2泳者の大谷>
 9月8日、神奈川県横浜国際プールにて、第94回日本学生選手権水泳競技大会の2日目が行われた。きょう、関学勢は男子200㍍自由形、男子100㍍バタフライ、男子200㍍個人メドレー、女子800㍍自由形、男子400㍍メドレーリレーに出場。個人、リレー種目ともに決勝進出者は出なかったものの、大川(経2)が100㍍バタフライで自己ベストタイの55秒28をマークした。また400㍍メドレーリレーで第1泳者を務めた三坂(商3)が100㍍の公式記録で57秒13の自己ベストを更新。今後につながるレースとなった。未だ決勝進出者0の関学競泳陣は、あす、最終日での巻き返しを狙う。
 あすも同会場で大会3日目が行われる。
 この日の結果は以下の通り。
200㍍自由形
58位 平松聖隆(商2) 1分53秒37
66位 寺田弘剛(教3)1分54秒71
棄権 森下翔太(法1) 
100㍍バタフライ
男子
37位 甲谷直希(人4)55秒18
41位 大川航輝  55秒28
200㍍個人メドレー
男子
76位 小林薫平(国3)2分11秒18
800㍍自由形
女子
36位 竹林理子(国1)9分15秒75
400㍍メドレーリレー
男子
20位 三坂ー大谷(社2)ー甲谷ー平松 3分46秒75
試合後のコメント
甲谷直希主将「個人もリレーも含めて決勝に残れず、すごく悔しい結果になった。個人のレースは調子が良かっただけに、もっと上を狙えたので本当に悔しさが大きい。メドレーリレーでもショート(ST)パートの子たちをB決勝に導いてあげたかった。自分の水泳人生は終わったが、主将としてはまだ終わっていないので自分は暗い顔をしないで、みんなを送り出していきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です