【庭球部女子】 第3戦はダブルス2勝でスタート! シングルスはあすに順延

<写真・D1でフルセットを制した栗本・前田(右)組>

   9月8日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第3戦は大教大と対戦し、ダブルスで2勝を挙げた。シングルスは、天候不良のため、あすへ順延となった。
   ダブルス1(D1)に栗本(社4)・前田(人4)組が、D2に藤原(国4)・明河(経2)組が出場した。藤原・明河組は前戦に引き続き、勢いのある攻撃でストレート勝ち。チーム1勝目を挙げた。一方、栗本・前田組は、ファイナルセットまでもつれ込む接戦に。だが、前田のサーブと栗本のスマッシュがさく裂。相手を圧倒し、勝利した。これにより、チームは2-0でシングルス3戦に進む。
   次戦はあす、同会場にて大教大とのシングルス3戦が行われる。
【試合結果】
D1  栗本・前田(4-6、7-5、6-2)
D2  藤原・明河(6-2、6-1)
試合後のコメント
栗本麻菜主将「ダブルスを2本取れて良かった。相手はシングルスで勝負強さを発揮する。だからこそ、ダブルスを絶対2本取るという気持ちで強気にプレーできた。あすは、しっかり5-0で勝つ気持ちで、シングルスに挑む」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です