【アメリカンフットボール部】 雨天でも神大に完封勝利!

<写真・今試合2TDを決めたRB中村>

    9月8日、兵庫県王子スタジアムにて関西学生アメリカンフットボールリーグ戦(Div.1)第2節が行われた。荒天の中で行われた今試合。関学は今季2部から復帰した神大と対戦し、42-0で勝利した。
   第1クオーター(Q)残り7分2秒、#26RB中村(商4)が中央を走り、そのままタッチダウン(TD)を決めた。その後も#3QB奥野(商2)から#83WR小田(社4)へのパスが成功し、ゴール前7㍎に迫るチャンスの場面。RB中村が中央をダイブし、今試合2度目のTDで相手を突き放した。第2Q、残り3分33秒には#6RB渡邊(神3)が今季初のTDを決めて、前半を21点差で折り返した。迎えた後半も、関学の勢いは止まらない。第3Q残り9分2秒に#21RB三宅(経2)がTDを決めた。その後はルーキーが攻守で活躍。前田公(社1)が続けて2本のTDを決め、北川(人1)も2試合連続でインターセプトを決めた。ディフェンス陣も最後まで踏ん張り、完封試合の42-0で勝利を収めた。
   次戦は9月23日、兵庫県王子スタジアムにて龍谷大と対戦する。
試合後のコメント
鳥内秀晃監督「QB(奥野)に欲張りがあった。きょうは、ビンゴが2発あり、レシーバーとのタイミングが合っていなかった。奥野は十分できる選手だが、きょうは一人相撲。向こうのディフェンスでランは通って当たり前。まあディフェンスはもっと早くに止めないといけない」
#10QB光藤航哉主将(経4)「開幕戦と同様、反則が多く出てしまい、前回の反省が生かせなかった。オフェンスは、ファーストドライブで取れたのは良かった。ディフェンスに関しては、後半にずるずるいかれるところがあったが、勝負所でのインターセプトは良かったと思う。次戦は必ず反則をなくして勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です