【アメリカンフットボール部】 神大戦後の監督・選手コメント

<写真・インターセプトを決めたDB木村>

鳥内秀晃監督「QB(奥野)に欲張りがあった。きょうは、ビンゴが2発あり、レシーバーとのタイミングが合っていなかった。奥野は十分できる選手だが、きょうは一人相撲。向こうのディフェンスでランは通って当たり前。まあディフェンスはもっと早くに止めないといけない」

#10QB光藤航哉主将(経4)「開幕戦と同様、反則が多く出てしまい、前回の反省が生かせなかった。オフェンスは、ファーストドライブで取れたのは良かった。ディフェンスに関しては、後半にずるずるいかれるところがあったが、勝負所でのインターセプトは良かったと思う。次戦は必ず反則をなくして勝ちたい」

#96TE荒木将太副将(商4)「反則なしを目標にしていたので、反則があったのは成長が足りないと感じた。OL全体としては前節より良くなったが、まだまだ上位校に通用するレベルではないのでさらに上げていきたい。2枚目の底上げを図って、次戦はパスでは奥野を触れさせないようにして、ランでは縦のプレーを大事に、最後まで足を動かし続けたい」

#25DB横澤良太副将(商4)「無失点で最後の場面も時間がなかったが良かった。前半も攻撃のヤード数を抑えられていたので、まずまずの結果だと思う。1枚目と2枚目の実力差を減らし、レベルアップして次戦に挑む」

#80WR尾崎祐真副将(人4)「いいプレーもあったが、反則がまだ多いし、パスを通せるところを通せなかった。成長の幅がまだまだ足りないので、今試合と開幕戦どちらも振り返って得た課題をしっかりと受け止めて、ファンダメンタルの部分から逃げずに取り組んでいきたい」

今試合2TDを決めた#26RB中村行祐(商4)「ゴール前で任せてもらえたのに、1つ目のTDの場面で1発でTDできなかったのは悔しい。しかし、2つ目のTDではしっかりと決め切れて良かった。次戦もしっかり龍谷大のディフェンスにアジャストして、TDを決めたい」

今試合、後半に2TDを決めたRB前田公昭(社1)「前節は出場がなく、悔しかった。出るチャンスは少ないので、思い切って練習でやってきたことをぶつけようと思った。(TDを決めれて)うれしかった。これからも、1年生のフレッシュさを生かして思い切りすべきことをします」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です