【庭球部男子】 神院大に7-2で快勝!

<写真・D3で勝利を挙げた山口(右)・中澤組>

   9月6日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第3戦は神院大と対戦し、7-2で勝利。リーグ戦連勝を飾った。
   ダブルスでは、リーグ戦で初めて組んだダブルス3(D3)の山口(神4)・中澤(法1)組など、全3組が勝利。3-0でシングルスにつなげた。シングルスでも流れを譲らず。シングルス4(S4)の神谷(経4)、S6の山本(人4)がストレートで圧勝し、関学の勝利を決めた。その後、2敗を喫するも、7-2で勝利。リーグ戦2勝目を挙げた。
   次戦は9月8日、同会場にて近大と対戦する。
【試合結果】
D1  本間(経4)・田中伸(文4)(6-3、6-4)
D2  栗山(商3)・吉田(商4)(6-4、4-6、6-3)
D3  山口・中澤(6-4、6-3)
S1  本間(1-6、3-6)
S2  山口(2-6、6-3、1-6)
S3  田中洋(法4)(6-3、7-6(3))
S4  神谷(6-3、6-2)
S5  高田(経4)(6-1、2-6、6-2)
S6  山本(6-1、6-2)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「3-0でシングルスにつなげることができ、理想的な試合運びができた。次の近大戦では、ダブルスで3勝することが絶対条件。強い相手だが、チャンスはある。挑戦者の気持ちを持って、全力でぶつかっていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です