【庭球部女子】 4-1でリーグ戦初勝利!

<写真・D2で勝利を挙げた藤原・明河(左)組>

   9月5日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第2戦は甲南大と対戦し、4-1で勝利。リーグ戦初白星を挙げた。
   ダブルスでは、ダブルス1(D1)に栗本(社4)・前田(人4)組が、D2に藤原(国4)・明河(経2)組が出場した。両組ともに、第2セットで苦戦するも、ストレートで勝利。2-0でシングルスに進んだ。シングルスでは、S2(S2)の前田が6-0、6-3で快勝。チーム3勝目で、エースがチームの勝利を決めると、S1の吉田(国2)もストレートで勝利を挙げた。S3の大和(経2)が敗北を喫するも、チームは4-1で勝利。2戦目でリーグ戦初勝利を挙げた。
   次戦は9月7日、同会場にて大教大と対戦する。
【試合結果】
D1  栗本・前田(6-4、7-6(2))
D2  藤原・明河(6-2、7-6(3))
S1  吉田(6-4、6-0)
S2  前田(6-0、6-3)
S3  大和(4-6、3-6)
試合後のコメント
栗本麻菜主将「初戦が黒星だったので、みんな暗いかなと思ったが、むしろ燃えてくれた。個人としては、どれもリードしているのに最後決め切れないことなど、課題が残った。(次戦に向けて)大教大はどの選手も勝負強く、勢いがある。まずダブルスでしっかりと勝って、シングルスにつなげたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です