【バドミントン部女子】 西日本大会を準優勝で終える

〈写真・表彰後、撮影に応じる選手たち〉
 9月5日、岡山県瀬戸町体育館にて、第58回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)3日目が行われた。
   準決勝の立命大戦は、S1の蘭(社4)がフルセットまで持ち込むも、80分に及ぶシーソーゲームを制し2ー1で勝利。D1の結城(法3)・佐々木(人3)ペアがフルセットの末、2セットを僅差で取られたが、チームはゲームカウント3ー1で勝利した。決勝では強豪、龍大と対戦。S1の蘭がストレート負けを喫すると、S2と同時進行で行われた、D1の北谷(人4)・澤田(教2)ペアも0ー2で敗れた。後がない中、S2の重信(人4)が第1セットを奪われるも、残る2セットを粘りを見せて奪取。優勝に望みをつなげたが、D2の結城・佐々木ペアが敗北を喫し、ゲームカウント1ー3で昨年に続き準優勝で今大会を終えた。
 
[本日の試合結果]
準決勝 対立命大 3ー1
S1蘭 ☆2ー1
S2重信 ☆2ー0
D1結城・佐々木 ★1ー2
D2北谷・澤田 ☆2ー0
決勝 対龍大 1ー3
S1蘭 ★0ー2
S2重信 ☆2ー1
D1北谷・澤田 ★0ー2
D2結城・佐々木 ★0ー2
試合後のコメント
重信萌夏主将「」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です