【バドミントン部男子】立命大下し4年連続の準決勝進出!

image1.jpeg
<写真・準々決勝で勝利を決めた中原(左)>

  9月4日、岡山市総合文化体育館にて第58回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)2日目が行われた。
  3回戦では大体大と対戦。S1北里(総4)、S2中原(商4)が続けて勝利し、勢いづいた関学はD1石川(文4)・山下(人4)ペアもストレート勝ち。1セットも落とすことなく、3-0で勝利した。準々決勝では春季リーグ最終戦で、優勝を懸け戦った立命大と対決。S1北里、S2戸内(人2)が勝利し、準決勝進出に王手をかける。だが、ダブルスが連続で敗れ、2-2。S3中原に勝負が託された。粘りのバドミントンを見せ、ストレート勝ち。準優勝へと駒を進めた。
   あすは同会場にて、準優勝と決勝が行われる。

[本日の試合結果]
3回戦 対大体大 3-0
S1北里☆2ー0
S2中原☆2ー0
D1石川・山下☆2ー0

準々決勝 対立命大 3-2
S1北里☆2-0
S2戸内☆2-0
D1石川・山下★1-2
D2竹内(経4)・鍵谷(人3)★0-2
S3中原☆2-0

試合後のコメント
石川泰成主将「準決勝に残れてホッとしている。拓也(中原)に感謝しかない。個人的には春のリベンジがしたかったが、攻め切れなかった。シングルスもダブルスも大会を重ねてきて、自信を持って臨んだだけに悔しさはある。でも、きょうはシングルスが勝ち切ってくれたので、残り2戦はダブルスも意地を見せたい。あすは1人1人が持っている力を出し切って、チーム全員で戦いたい。そして、楽しみながらプレーし、絶対に優勝する」
S3で勝利を決めた中原拓也「調子自体は良くなかったが、勝ててうれしい。みんなの応援が本当に力になった。内容的には満足していないので、あすは守るだけではなく、自分から攻めていきたい。春は優勝したけれど、自分たちはチャレンジャー。みんなが力を出し切って、優勝したい」
今季全勝の北里元輝「きょうのゲームは集中して戦うことができた。特にヘアピンの調子が良く、負ける気がしなかった。僕以外の2人もしっかり勝ち切ってくれて、本当に層の厚いチームだと思う。あす以降はチームの団結力と、単複で勝ち切れるかが大事になってくる。応援を含めた全員で勝ちにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です