【庭球部男子】 同大に5-4で競り勝ち、リーグ戦初勝利!

<写真・チームの勝利を決めた本間>

   9月3日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第2戦は同大と対戦し、5-4で勝利。リーグ戦初勝利を挙げた。
   ダブルスでは、ダブルス1(D1)の本間(経4)・田中伸(文4)が連日の勝利を挙げるなど、2-1でシングルスにつなげた。シングルスでは先に2敗を喫し、2-3に。リードを許した関学だったが、シングルス2(S2)の吉田(商4)、S5の田中洋(法4)が気迫の勝利で流れを呼び込んだ。4-4で命運を託されたS1の本間は、終盤は苦しい展開となったものの、ストレート勝ち。エースの勝利で関学のリーグ戦初勝利が決まった。
   次戦は9月6日、同会場にて神院大と対戦する。
【試合結果】
S1  本間(6-2、7-6(2))
S2  吉田(6-2、6-3)
S3  神谷(経4)(3-6、4-6)
S4  高田(経4)(6(4)-7、3-6)
S5  田中洋(6-2、7-5)
S6  中澤(法1)(7-5、0-6、3-6)
D1  本間・田中伸(6-1、7-5)
D2  栗山(商3)・吉田(6-1、6-1)
D3  山本(人4)・山口(神4)(6-1、1-6、3-6)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「苦しい試合だったが、勝ててすごくうれしかった。接戦になっても踏ん張って、最後まで諦めずに戦ってくれたから勝てたと思う。最後は本間が決めてくれて、さすがエースだなと思った。次戦も選手、サポートが一体となって王座に向けて頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です