【バドミントン部女子】 3ー0で羽衣国際大に勝利し3回戦へ


<写真・羽衣国際大に完勝し、喜び合う選手たち>

 9月3日、岡山市総合文化体育館にて、第58回西日本学生バドミントン選手権大会が行われ、2回戦で羽衣国際大と対戦した。
   関学はシードのため、2回戦から出場。今試合はエース重信(人4)を温存した。第1シングルスの紅林(経3)、第2シングルスの岩崎(教4)が圧倒的な強さで勝利。続く第1ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアもストレート勝ちで、3組全てが1ゲームも落とさずに勝利した。チームも3ー0で完勝した。
 あすは同会場にて3回戦が行われる。
 
[本日の試合結果]
対羽衣国際大

S1紅林 ☆2ー0
S2岩崎 ☆2ー0
D1結城・佐々木 ☆2ー0
試合後のコメント
重信萌夏主将(人4)「あす、あさっても試合が続くため、3本で勝ち切りたいと考えていた中で、勝ち切れて良かった。安定したプレーで、チームにいい流れをつくってくれた。今までは「勝たないといけない」と考えていたところを、今は「自分たちならできる」と信じ切ることを大切にしている。私たちは、春リーグでやってきたことを今大会で出せると思う。西日本インカレは通過点。創部初のアベック優勝をし、インカレにつなげていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です