【庭球部男子】 関大に1-8で敗れ、開幕戦黒星スタート

<写真・唯一の勝利を挙げた本間(右)・田中伸組>

   9月2日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第1戦は関大と対戦し、1-8で敗北。開幕黒星スタートとなった。
   まず行われたダブルスでは、2本を落とすも、ダブルス1(D1)の本間(経4)・田中伸(文4)組がフルセットの激戦を制した。1-2で迎えたシングルスでは、競った場面での勝負強さの差が露呈。シングルス1(S1)の本間はマッチポイントを握るも、勝利をつかめず、シングルスは全敗となった。
   次戦はあす、同会場にて同大と対戦する。
【試合結果】
S1  本間(6-3、5-7、4-6)
S2  吉田(商4)(2-6、6(4)-7)
S3  山口(神4)(4-6、4-6)
S4  高田(経4)(6(2)-7、4-6)
S5  田中洋(法4)(1-6、2-6)
S6  中澤(法1)(2-6、0-6)
D1  本間・田中伸(4-6、6-1、6-4)
D2  栗山(商3)・吉田(5-7、3-6)
D3  山本(人4)・板倉(人3)(1-6、4-6)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「内容は悪くなかったが、競ったところでポイントが取れなかった。きょうの負けを次に生かさないといけない。あす以降も試合が続くので、下を向いている暇はない。気持ちを切らさずに、まずは同大を倒したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です