【庭球部】 リーグ前必勝祈願が行われる いよいよあすリーグ戦開幕!

<写真・記念撮影に応じた選手たち>
 9月1日、兵庫県廣田神社にて、庭球部リーグ戦前必勝祈願が行われた。男子部、女子部の監督、コーチ、部員が集まり参拝。男子部の長尾成彰主将(国4)と女子部の栗本麻菜主将(社4)は玉串を奉納した。男子部は「王座出場」を、女子部は「王者復活」をかかげ、あすから始まるリーグ戦に挑む。
 あす、大阪府江坂テニスセンターにおいて男子部の初戦(対関大)が行われる。また、女子部は9月3日(対園田女大)に初戦が行われる。
必勝祈願後のコメント 
長尾成彰主将「これまで王座出場を掲げてやってきた。選手、サポートが一致団結して5戦を戦いたい。女子部とも一体となって、一緒に王座に行きたい。今まで頑張ってきたことを出せば、いい結果につながると思う。あすは固くならずに、チャレンジャーの気持ちを持って戦いたい」
栗本麻菜主将「リーグ戦まであっという間だったが、勝つ準備はみんなできている。きょう、このチームでもっと一緒に戦いたいという気持ちが強くなった。参拝では、男女リーグ優勝、王座出場を祈った。リーグ戦は選手、サポート、全員での勝負。みんなが120%の力を出し切れるようにとお願いした。絵馬にはこのチームの目標である「王者復活」と書いた。初戦から厳しい戦いになるが、それでもやることは同じ。全員で戦う」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です