【ハンドボール部女子】 龍大に勝利し開幕3連勝!

<写真・サイドシュートを放つ山西>
   
 9月1日、京都府田辺中央体育館にて平成30年度関西学生ハンドボール秋季リーグ第3節が行われ、龍大に21ー11で勝利した。
 前半2分、相手に先制点を許した関学。すぐさま取り返そうと河村(社4)、伊藤(文1)がシュートを狙うも得点が入らず。同5分にまたも失点を許した。同6分、速攻で流れを戻した関学は4連続得点で逆転。そこから流れは関学のまま10ー7で前半を折り返した。続く後半、相手に2連続得点を決められるも、野間(文3)のペナルティスローから5連続得点で相手を引き離す。ディフェンスもリズムを取り戻し、失点を許さず21ー11で勝利。開幕3連勝となった。
 次戦はあす、同志社大学京田辺校地デイヴィス記念館にて秋季リーグ戦第4節(対立命大)が行われる。
   
試合後のコメント
山西志歩主将(経4)「満足のいく結果ではなかった。自分たちのリズムが悪く、シュートを焦って打って入らない場面が多かったと思う。連戦では立命大戦に焦点を当て、きょうの課題を修正して戦っていきたい。このままだと厳しい戦いになる。絶対に負けられないので、崩れないように大差をつけて勝ちにいく」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です