【庭球部男子】 本間・田中伸組がダブルス準優勝!

<写真・ダブルスで準優勝を果たした本間(右)・田中伸組>

 8月29日、大阪府靱テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会が行われた。最終日のきょうは、男子ダブルス決勝が行われ、関学からは本間(経4)・田中伸(文4)組が出場した。
   序盤から拮抗(きっこう)した展開が続いた。キープ合戦となるも、相手の切れ味の鋭いサーブに苦戦。なかなかブレイクできなかった。1ブレイクを許し第1セットを失うと、第2セットはミスが連発。1ゲームしか奪えずにストレート負けを喫した。関学勢6年ぶりの優勝とはならなかったが、ダブルス準優勝で夏関を終えた。
男子ダブルス決勝
本間・田中伸(4-6、1-6)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「選手は頑張っていたが、相手が強かった。だが、取り組んできたダブルスの強化が結果として出て良かった。シングルスは早めに負けてしまった選手が多かったので、そこは今後の課題だと思う。(リーグ戦に向けて)ダブルスは今大会のように、シングルスは今、江坂で行なっている練習を生かしたい。リーグまで期間は短いが、まずは初戦の関大戦に勝てるように調整していきたい」
ダブルスで準優勝を果たした本間春樹「個人戦は最後だったが、自分の実力以上の力が出せたと思うし、悔いはない。ただ、調子が良くても、一歩引いて相手の嫌がるテニスをすることができなかったことが反省点。(リーグ戦に向けて)ダブルス1(D1)は嫌でも注目される重要な試合になる。雑なプレーや判断ミスをせずに、常に冷静でいつつ、勢いに乗るようなプレーをしたいと思う」
本間とともに準優勝となった田中伸治「やはり技術は確実に相手の方が上で手強かった。チャンス自体はあったがものにできず、相手を波に乗せてしまった。それでも楽しくテニスができて良かったと思う。(リーグ戦に向けて)今大会の反省と収穫を生かして、まずは初戦の関大戦で自分たちが勝って、流れを呼び込みたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です