【庭球部男子】 本間・田中伸組が関学勢6年ぶりに決勝進出!

<写真・ダブルス決勝に進出した本間(右)・田中伸組>

 8月28日、大阪府靱テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会が行われた。7日目のきょうは、男子ダブルス準決勝が行われ、関学からは本間(経4)・田中伸(文4)組が出場した。
   序盤からお互いに持ち味を出し合った。田中伸がサーブで崩し、本間はストロークで圧倒。サービスキープに苦労はしたが、強気のプレーで第1セットを先取した。第2セットは先にブレイクするも、追いつかれる展開。だが、随所に田中伸のボレーが決まり、ストレート勝ち。関学勢6年ぶりの決勝進出を決めた。
   あすは同会場において、男子ダブルス決勝が行われる。
男子ダブルス準決勝
本間・田中伸(7-5、6-4)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「うれしいです。最初は苦しい展開だったが、集中を切らさずに戦ってくれた。あすの決勝も気負いすることなく、チャレンジャーの気持ちで戦ってほしい」
ストロークで相手を圧倒した本間春樹「攻めてくる相手だったので、打ち負けないように対抗した。その中で、相手の攻めをうまくかわせたと思う。あすの相手はシングルスで何回も当たっている選手なので、しっかり作戦立ててベストなプレーをしたい」
サーブやボレーでポイントを重ねた田中伸治「最後のサービスゲームは力が入ったが、しっかり勝ち切れて良かった。本間とは、それぞれの長所を生かして戦えている。あすもチャレンジャーの気持ちを忘れずに勝ちたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です