【庭球部男子】 本間・田中伸組がダブルス4強!

<写真・ダブルス4強に進出した本間(左)田中伸組>

 8月27日、大阪府靱テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会が行われた。6日目のきょうは、男子ダブルス準々決勝が行われ、関学からは本間(経4)・田中伸(文4)組と栗山(商3)・吉田(商4)組が出場した。
   本間・田中伸組は、第1セットを先取したが、その後は相手のペースで試合が進んだ。第2セットは2度のブレイクバックで食らいつくもセットを奪われ、スーパータイブレークへ。4-0から7ポイント連取されたが、最後は相手のミスを誘い勝利。ダブルス4強入りを決めた。また、栗山・吉田組は、序盤からペースをつかめず。強気のプレーで第2セットを奪ったが、スーパータイブレークの末敗れた。
   あすは同会場において、男子ダブルス準決勝が行われる。
男子ダブルス準々決勝
本間・田中伸(6-2、4-6、11-9)
栗山・吉田(3-6、6-3、3-10)
試合後のコメント
長尾成彰主将(国4)「厳しい試合となったが、本間・田中伸組はよく勝ってくれた。内容としても良かったので、リーグ戦に生かしたい。残り1組しかいない。ここまで来ているので、本当に優勝を目指して頑張ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です