【馬術部】 団体上位入賞ならず

<写真・表彰式を終え、記念撮影をする選手たち>

 8月26日、三木ホースランドパークにて第50回関西学生自馬馬術大会が行われた。最終日のきょうは、第5競技の障害飛越競技Cに藤井(社3)×月友組、田中(商3)×月颯組、小林(理2)×月颯組が出場。だが、上位入賞者は出ず、総合団体も入賞とはならなかった。
試合後のコメント
尾浪蒼主将(経4)「1日目は上位に食い込めていただけに、障害競技が今後の課題。(自身の4年間について)大学から馬術を始めて、何回か優勝を経験できた。現役最後の試合となった今大会も、今のベストが出せたと思う。今後も団体で関西制覇することを目標に、ゆくゆくは全国でも優勝を狙えるチームになってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です