【水上競技部競泳パート】 プレインカレで3名の4年生が引退

<写真・リレー後、握手を交わす清水と西村(下)>

 8月26日、兵庫県尼崎スポーツの森にて、第6回関西学生夏季公認記録会が行われた。インカレに出場しない選手の今シーズン最後となる今試合。男子200㍍個人メドレーでは岡本(法4)が専門外の種目ながら6位入賞を果たした。また、400㍍フリーリレーでは第4泳者の西村(教4)が天理大を抜き、1位でフィニッシュ。4年生を中心に全員が一丸となり、チームとしてインカレへの弾みをつけた。

 今試合で4年生の清水(社4)、西村、岡本が引退となった。

 この日の結果は以下の通り。

50㍍自由形

女子

6位 丑本加子(経4) 28秒35

10位 山口友希(文1)28秒94

男子

13位 勝見駿佑(人1) 24秒81

14位 南昌志(理1)24秒85

20位 西村祐輝 24秒91

43位 清水真人 25秒68

200㍍個人メドレー

女子

4位 林みのり(人1)2分30秒14

男子

6位 岡本開登 2分13秒00

100㍍バタフライ

女子

6位 山本紗希(文4)1分05秒16

男子

1位 岩山昂生(経4)54秒96

100㍍背泳ぎ

女子

6位 山本雪乃(法2)1分11秒86

男子

3位 塩川裕也(経1)57秒66

6位 仲村尚大(人1)59秒65

100㍍平泳ぎ

男子

11位 中嶋康介(商4)1分06秒99

100㍍自由形

女子

9位 林みのり 1分02秒17

男子

5位 勝見駿佑 53秒04

21位 西村祐輝 54秒18

25位 南昌志 54秒50

43位 清水真人 56秒27

200㍍平泳ぎ

男子

9位 中嶋康介 2分24秒73

200㍍自由形

男子

13位 冨田圭人(法2)1分57秒99

19位 岩山昂生 1分58秒86

26位 岡本開登 1分59秒80

43位 清水真人 2分08秒27

400㍍フリーリレー

男子

1位 清水ー勝見ー岡本ー西村 3分36秒33

   

試合後のコメント

甲谷直希主将(人4)「4年生の現役最後の3人を中心にインカレに向けてパワーを与えてくれた試合で、いい形でインカレにバトンをつないでくれた。(インカレに向けて)100㍍バタフライと400㍍メドレーリレーでB決勝進出、これを達成することだけを考えて過ごしてきた。主将として、部員全員が今シーズンの締めくくりに、水泳を楽しめたと言えるように残りの期間を過ごしたい」

今試合で引退を迎えた清水真人「今シーズンはベストが大学初めてのレベルで出ていて、きょうも0.01秒だが出すことができた。みんなのインカレにバトンを渡せるように、気持ちに訴えかけるレースを心がけていた。何年もベストが出ず苦しんできたが、最後の最後に水泳の神様が微笑んでくれた。水泳を通して本当にいい経験ができて良かった」

リレーで第4泳者を務めた西村祐輝「個人で悪かった部分をリレーでひっくり返そうと思っていたので、最後にそれができて良かった。同期には入学から恵まれていたなと感じる。リレーの前も全員が招集場まで来て応援してくれた。インカレでは自分が背中を押してサポートをしていく。最後は楽しんで泳いで欲しい」

今試合で引退を迎えた岡本開登主務「本当に終わったという実感は無いが、きょうは昔によく出ていた種目に出場して気持ちよく終えられた。応援が盛り立ててくれて、チームの力の大きさを感じ、本当にいいチームだと思う。この1年は最後まで新しいことに挑戦し続けた1年だった。インカレに出場する同期には思い残すことなく、全力で泳いでほしい。次は自分たちが最後まで支えていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です