【庭球部女子】 シングルスで吉田、ダブルスで前田・栗本組がベスト8!

<写真・自身初の8強に進出した吉田>

 8月26日、大阪府靱テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会が行われた。5日目のきょうは、女子シングルス3回戦、女子ダブルス2回戦が行われ、シングルスには前田(人4)と吉田(国2)が、ダブルスには計4組が出場した。
  シングルスでは、吉田が4時間近くに及ぶラリー戦を繰り広げた。インカレベスト8の相手を制し、ストレート勝ち。自身初のベスト8入りを決めた。ダブルスでは、前田・栗本(社4)組と岩井(商2)・吉田組の新進以来の同校対決が行われた。互いに一歩も譲らない展開で勝負はスーパータイブレークへ。最後は、前田・栗本組が先輩の意地を見せ勝利した。関学からは1名1組が8強に進出した。
   あすは同会場において、女子シングルス、女子ダブルスの準々決勝が行われる。
女子シングルス3回戦
前田(1-6、3-6)
吉田(7-6(2)、6-2)
女子ダブルス2回戦
前田・栗本(7-5、5-7、10-6)岩井・吉田
藤原(国4)・明河(経2)(6-4、3-6、6-10)
近江(教4)・北本(人1)(5-7、4-6)
試合後のコメント
栗本麻菜主将「(自身のプレーについて)第1セットの2-5で集中が入って、気持ちを持ち上げることができた。気持ちの面で不調は乗り切れたと思う。全体の勝ち上がりとしては内容的には良かったところも多かったのに、上がれなかったのが痛い。シングルスで、吉田が第2セットも取り切れて勝てたことは良かった。力はあるから、ここからどこまで勝っていけるかが大事になる」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です