【アメリカンフットボール部】 近大戦後の監督・選手コメント

<写真・インターセプトを決めたDB北川>

鳥内秀晃監督「反則するなよと言うてるのに、インターフェアやパーソナルファウルを上級生が犯した。このままでは、大一番で勝てるはずがない。防げる反則はするな、気負いする部分があるのも分かるが、反則をしてはいけない」

#10QB光藤航哉主将(経4)「監督も言ってらしゃったが、反則の多い試合だった。反則が多い試合は自爆と同じ。今のままでは日本一にはなれない。チーム内でも1対1の練習をしているが、反則に対して甘かった。(次戦について)立命大が神大戦でパスを量産していたので、パスを通していきたい。ディフェンスは反則なく、完封で勝ちたい」

#96TE荒木将太副将(商4)「反則はゼロでいこうと言っていたのに、数え切れないほどの反則をしてしまった。また、OLはランを通すことができず、パスプロテクションの面でも、QB奥野(商2)にプレッシャーをかけてしまった。次戦はOLでランを通したい」

#25DB横澤良太副将(商4)「オフェンス、ディフェンスともに反省点が多い試合だった。個人でも1対1で負けてしまった場面もあり、実力不足を痛感させられた。このままでは立命大に勝てない。一戦必勝を目指している今シーズン。2戦目までの時間を大切に、今度は失点を絶対にしないようにしたい」

#80WR尾崎祐真副将(人4)「しょうもないミスが多すぎた。オフェンス、ディフェンスともに立てた目標を達成できず、これではビッグゲームに勝つことは厳しい。きょうの反省を2週間で潰し、次戦は内容的にもいい試合にしたい」

開幕戦で2TDを決めた#34RB山口祐介(商4)「個人技でTDを取れたことは良かったが、OLとの連携が全く取れていない。それでも今年は、毎試合TDを決めてチームを勝たせる」

試合終了間際にインターセプトを決めたDB北川太陽(人1)「試合に出ることを目標にやってきた中で、開幕戦でインターセプトを決めることができたのはうれしい。しかし、まだまだディフェンスとして課題が多く残る試合だった。次はもっと長い時間フィールドに立って、チームの流れを変えるプレーができるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です