【庭球部女子】 ダブルスは4組が初戦突破!

<写真・スーパータイブレークを制し初戦を突破した藤原・明河組>

 8月25日、大阪府靱テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会が行われた。4日目のきょうは、女子ダブルス1回戦が行われ、関学からは7組が出場した。
  天候による延期の末、大会4日目にずれ込んだ女子ダブルス初戦。関学のエースペア、前田(人4)・栗本(社4)組はストレート勝ち。2年生ペア、岩井(商2)・吉田(国2)組も相手に1ゲームも与えずに快勝した。一方、藤原(国4)・明河(経2)組、近江(教4)・北本(人1)組がスーパータイブレークまでもつれ込む接戦に。だが、2組とも緊迫した戦いを制し、勝利。女子ダブルスは計4組が勝ち上がり、2回戦に進出となった。
   あすは同会場において、女子シングルス3回戦、女子ダブルス2回戦が行われる。

女子ダブルス1回戦
前田・栗本(6-3、6-3)
岩井・吉田(6-0、6-0)
藤原・明河(6-2、2-6、10-8)
河野(商4)・大和(経2)(1-6、2-6)
近江・北本(6-4、1-6、10-2)
高本(商3)・越智(教3)(2-6、2-6)
石川(教1)・小柳(商1)(3-6、2-6)

試合後のコメント
栗本麻菜主将「きょうは全体的にどの組も頑張っていたと思う。(自身のプレーについては)勝てたが、まだしっくりきていない部分がある。シングルスは負けてしまったので、ダブルスでここから調子を上げていきたい。あす、シングルス2本は絶対に残って欲しい。ダブルスは次勝てばベスト8。春関は1組しかベスト8に残れなかったので、今回は同士討ち以外は勝ち上がるつもりで頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です