【庭球部女子】 シングルス5名が2回戦進出

<写真・激戦を制し2回戦進出を決めた河野>

 8月22日、大阪府靭テニスセンターにおいて、平成30年度関西学生テニス選手権大会(本戦)女子シングルス1回戦が行われた。関学からは10名が出場。5名が2回戦へ駒を進めた。
 あす、同会場にて女子シングルスの2回戦が行われる。
女子シングルス1回戦
栗本麻菜(社4)(6-3、6-1)
前田友花(人4)(6-4、6-1)小柳優望(商1)
藤原優美香(国4)(6(4)-7、6-1、4-6)
河野永莉(商4)(5-7、7-6(3)、6-4)
近江彩(教4)(6-1、4-6、2-4)
大和里緒(経2)(4-6、6-3、4-6)
明河樹(経2)(6-1、6-4)
吉田安佐(国2)(5-4)(相手のリタイアにより不戦勝)
北本恵里奈(人1)(2-6、3-6)
石川英里香(教1)(3-6、4-6)
試合後のコメント

栗本麻菜主将「チームとしては正直もう少し勝ち残ってほしかった。でも、どの試合も最後までガッツがあり、部員の成長が感じられた。自分の試合は、序盤は初戦への苦手意識があり、思うようなプレーができなかった。だが、目標にしていた1番に勝利を挙げることを実現でき、チームの勢いに繋げられたことは良かった。あすからは激戦が予想される。関学の粘り強さを発揮し、全員で勝利をつかみたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です