【庭球部女子】 前田がシングルス本戦2回戦敗退

<写真・フォアハンドで攻める前田>

 8月16日、岐阜メモリアルセンターにおいて、平成30年度全日本学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。きょうは、きのう延期となったシングルス本戦2回戦が行われ、関学からは前田(人4)が出場した。
    第1セットの3-2から試合は再開された。相手の強烈なサーブやショットに苦しめられるも、何とか粘ってタイブレークへ。しかし、4連続ポイントを奪われるなど勢いに乗れず、第1セットを失った。第2セットに入っても流れをつかめず。ストレート負けを喫し、2回戦敗退となった。前田は、あすの女子ダブルス本戦2回戦にも出場する。
   あすは同会場にて、女子ダブルス本戦2回戦が行われる。
女子シングルス本戦2回戦
前田(6(2)-7、2-6)
試合後のコメント
シングルス本戦2回戦敗退となった前田友花「要所でいい形はつくれたが、相手が崩れなかった。もう少し高いボールを使ったりして、工夫できていれば良かった。フォアの回り込みはある程度通用したので、これからもっと幅を広げられるようにしたい。(あすのダブルス本戦2回戦に向けて)少しでも岐阜に滞在できるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です