【庭球部】 女子シングルス本戦2回戦は雨天順延、男子は中止

<写真・フォアハンドで攻める前田>

 8月15日、岐阜メモリアルセンターにおいて、平成30年度全日本学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。きょうは、シングルス本戦2回戦が行われ、関学からは前田(人4)が出場した。
   雨天のため、大幅に遅れてのスタートとなった今試合。序盤から相手は強烈なサーブで攻めてきたが、前田は得意のラリーでポイントを重ねた。一気に攻め込みたいところだったが、ゲームカウント3-2の時点で雨天順延。勝負はあすに持ち越しとなった。
   また、本間(経4)が出場する男子シングルス本戦2回戦は雨天中止となり、あすに順延となった。
   あすは同会場にて、順延となった女子シングルス本戦2回戦、男子シングルス本戦2回戦が行われる。
女子シングルス本戦2回戦
前田(3-2)(一時中断)
試合後のコメント
シングルス本戦2回戦に出場した前田友花「雨で中断になりそうだったので、スタートを意識した。相手に離されないように、慌てずにラリーをした。対抗戦のときのビデオを見たりしていたので、良いイメージでコートに入ることができていたと思う。目標はまず1勝を挙げること。勝てない相手ではないので、あすはできることを思い切りしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です