【庭球部女子】 岩井・北本組が予選敗退

<写真・最後まで粘りを見せた岩井(右)・北本組>

 8月12日、岐阜メモリアルセンターにおいて、平成30年度全日本学生テニス選手権大会(予選)が行われた。きょうは、きのう日没順延となった岩井(商2)・北本(人1)組の女子ダブルス予選ファイナルが行われた。
   第1セットを失い、第2セットの5-5から試合が再開。最初の相手のサービスゲームはデュースに持ち込むも、奪われた。追いついてタイブレークに持ち込みたいところだったが、なかなか連続ポイントを奪えず。マッチポイントを何度もしのぐ粘りを見せたが敗れ、予選敗退となった。
   あすからインカレ本戦がスタート。あさって14日に女子シングルスの前田(人4)、女子ダブルスの栗本(社4)・前田組の試合が行われる。
女子ダブルス予選ファイナル
岩井・北本(3-6、5-7)
試合後のコメント
落ち着いたプレーでダブルスをけん引した岩井沙樹「毎回のことだが、出だしが悪かった。攻めるところで攻め切れていたら、勝てていた。負けはしたが、全国でも戦えることが証明できた。この経験を自信にして、これからやっていきたい」
最後まで1年生らしい積極的なプレーを見せた北本恵里奈「競った場面で思い切ったプレーができなかった。最後に少しは粘れたが、どんな局面でも同じプレーができるようにならないといけない。課題を克服して、これからは悔いの残らないプレーをしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です