【ボート部】女子ダブルスカルが決勝進出、エイトは順位決定戦1着

Image
<写真・1着でゴールし喜びをあらわにする対校エイトのクルーたち>
 8月12日、大阪府立漕艇場にて平成30年度関西選手権が行われた。2日目のきょうは、関学から計7艇が出場した。
 一般女子シングルスカル準決勝では内山(総2)が6着。一般男子ダブルスカル準決勝ではAの野武(商3)・三原(商1)が6着、Cの松田(商4)・長野(商2)が5着となり、いずれも準決勝敗退となった。一般女子ダブルスカル準決勝では、Aの渡辺(社3)・重松(国3)が1着でゴール。決勝へと駒を進め、決勝では5着でゴールした。一般男子エイト順位決定戦は、最後まで他艇と並ぶ接戦となるも、リードを守り切り見事1着。最終成績は7位となった。浜寺杯新人の男子エイト順位決定戦は、他艇に差をつけ1着。こちらも最終成績は7位となった。
詳しい結果は以下の通り。
準決勝敗退
一般女子シングルスカル
内山 6組6着9分28秒50
一般男子ダブルスカル
A野武・三原 6組6着7分38秒00
C松田・長野 5組5着7分40秒98
一般女子ダブルスカル
A渡辺・重松 
準決勝 4組1着8分4秒60
決勝 6組5着8分40秒44
一般男子エイト
{C来田(人4)S越智(経3)7深田(商4)6岸田(法4)5泉 (法4)4東郷 (社3)3三谷(総3)2川井(人3)B松田翼 (理3)}
順位決定戦 1着6分25秒61
浜寺杯
一般男子エイト
{C南谷(教4)S塚本(経2)7南(法1)6中尾(社1)5早川(法1)4角田(法1)3間島(経1)2岡本(法1)B千(法1)}
順位決定戦 1着7分07秒91
女子舵手つきクォドルプル
{C 花熊(社2)S 栗田(法1)3 宮川(国1)2 小森(国1)B 法貴(文1)}
予選 6着9分4秒39
決勝 6着9分51秒56
試合後のコメント
深田開主将「きのうベストの漕ぎができなかったのは悔しいが、西日本選手権で負けた神大を抑えて1着でゴールできて良かった。今大会で決勝に進んだクルーは少ないが、どのクルーも次につながるレースができたと思う。インカレは、4年生にとって勝とうが負けようが最後の大会。最後に結果を残して、後輩にいいバトンタッチをしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です