【庭球部男子】  ダブルス予選ファイナルは日没順延

<写真・5ゲーム目を獲得し、笑顔を見せた本間と田中伸(右)>
 8月11日、岐阜メモリアルセンターにおいて、平成30年度全日本学生テニス選手権大会(予選)が行われた。3日目は、ダブルス予選ファイナルが行われ、関学からは本間(経4)・田中伸(文4)組が出場。第1セットは序盤、1-3と劣勢からスタート。5-5まで追いつくも、終盤に2ゲーム連続で落とし、第1セットを5-7で奪われた。第1セット終了時点で日没順延となり、試合は一時中断。あすに持ち越しとなった。
 あすは同会場にて、インカレ予選ファイナルの延期試合が行われる。
男子ダブルス予選ファイナル
本間・田中伸(5-7)(一時中断)
試合後のコメント
頭脳戦のラリー展開を見せた本間春樹「最初リードされて追いつくまでは、攻撃と守備のバランスが取れていたが、第1セットを取り切りたくて、終盤は攻めすぎてしまった。取れていたポイントも落としてしまったのが反省点。相手の方が、最後の2、3ゲームに向けて、プレーできていたと思う。あすはこの反省を生かして、もう1回自分たちのテニスをできるようにする」
サーブで得点を重ねた田中伸治「5-4で、ボールを入れ替えた時に、飛びやすくなったのにも関わらず、いつも通りのテンポでプレーしてしまった。ファイナルに向けて、相手の弱い気持ちを引き出していきたい。まずは第2セットを取ります」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です