【ラクロス部女子】 開幕戦快勝、リーグ戦に勢いつける

<写真・試合開始直前に応援席に向かってクロスを突き上げる選手たち>
 8月11日、大阪府鶴見緑地球技場にて第29回関西学生ラクロスリーグ第1戦が行われ、関学は立命大に12ー3で快勝となった。開始2分でMF中山(文3)が得点し、3分後にMF脇田(商4)が立て続けにシュートする幸先の良い滑り出し。6ー0で前半を折り返した。後半は開始9分でシュートされ、その後2点の失点を許すも、AT我妻(社3)が23分と24分に連続した得点を見せるなど、猛攻は止まらず12ー3の大差をつけて勝利した。
 次戦は8月18日に、兵庫県王子スタジアムにて龍大と対戦する。
試合後のコメント
長村雪紀乃主将(人4)「全員が力を発揮して圧勝できてよかった。フィールドとベンチ、応援の一体感が見られ、魅せるプレーで流れを掴めた。ディフェンスとゴーリーが苦しいときに粘ってくれた。彼らが今回の勝因。来週の龍大戦は失点を0に抑え、全員で圧倒的な勝利を収めたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です