【カヌー部】 関カレ3日目、女子とジュニアが躍進!


<写真・表彰状を手に笑顔を見せる女子フォアの選手たち>

 8月11日、兵庫県宍粟市音水湖カヌー競技場にて第54回関西学生カヌー選手権大会3日目が行われた。多くの種目で決勝戦が行われたきょう。栗林女子リーダー(文4)率いるフォアでは見事優勝し、3連覇を達成した。男子は、フォアが3位と悔いが残る結果も、{JK-2}500㍍では、1位と2位に関学勢が入賞。1年生がはつらつと力を出し切る姿が目立った。次戦はあす、同会場にて行われる。

   本日の成績は以下の通り。
{WK-1}500㍍決勝
2位 栗林
{WK-1}500㍍
1位 白川(商3)
{WKー4}500㍍決勝
1位 池田(人4)・栗林・友永(人4)・川部(教3)組
{Kー4}1000㍍決勝
3位 石田(経2)・藤井(商4)・中原(法2)・大本(総4)
{JWKー2}500㍍決勝
2位 富木(理1)・保田(経1)組
{JK-2}1000㍍決勝
1位 駒谷(経1)・東山(経1)組
2位 高木(経1)・藤田(総1)組

試合後のコメント
藤井凌主将「女子の勢いがとてもいい。きょうはフォアが1位で、大きく点数につながっている。男子に関しては、ペアの決勝に4艇が進むも、決勝進出に満足して結果が出せなかった。決勝で得点につながらないことは例年課題になっており、今年も詰め切れていない部分だと感じている。ジュニアに関しては、女子も男子も練習通りの力を出し切れていた。あすは最終日。疲れも出てきているが、朝の集合や芸出しで盛り上げて、一丸となって戦っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です