【体操部】全日本インカレ、4名が出場

<写真・演技後に原と抱擁を交わす梶原>
 8月10日、兵庫県ベイコム総合体育館にて第72回全日本学生体操競技選手権大会 2部校個人総合選手権が行われた。関学からは西日本選手権で好成績を残した臼井大起(人3)、原朝未(教3)、成瀬瑠花(国3)、梶原かれん(国1)の4名が出場。臼井は3年連続、原は2年連続の出場となった。きょうが初のインカレの梶原は42.400という好成績を収めた。全員が堂々とした演技で全種目戦い抜いた。本日の成績は以下の通り。
<総合得点>
臼井大起  73.000
成瀬瑠花  40.100
原朝未     42.850
梶原かれん 42.400
試合後のコメント

インカレ初出場の梶原かれん「初めての全国の舞台。思い切りやろうという思いだったので緊張はしなかった。いつも通りの試合の感じででき、アップの時に失敗していても本番はしっかり成功できた。ミスなくやり切るという目標が達成できたので良かった。次もミスなくやり切り、もっとみんなを驚かせる技を出来るように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です