【カヌー部】 関カレ2日目、{JK-1}500㍍で関学が表彰台を独占!


<写真・試合後、表彰状を手に笑顔を見せる選手たち>

 8月10日、兵庫県宍粟市音水湖カヌー競技場にて第54回関西学生カヌー選手権大会2日目が行われた。今日は7種目の決勝が行われ、13艇が出場。{JK-1}500㍍では、関学が表彰台を独占した。さらに、{WK-2}500㍍では川部(教3)・栗林(文4)組が優勝し、きのう行われたリレーに続き、2冠を達成した。次戦はあす、同会場にて行われる。

   本日の成績は以下の通り。
{WKー2}500㍍
2位 白川(商3)・松岡(文3)組
{JK-1}500㍍
1位 東山(経1)
2位 高木(総1)
3位 駒谷(経1)
{JWK-1}500㍍
3位 保田(経1)
{WK-2}500㍍
1位 川部・栗林組


試合後のコメント 
藤井凌主将(商4)「決勝に進出したうち、女子は上位入賞者がおり、いい形で点数につながった。準決勝に上がる人数は例年以上に多かったが、決勝に上がれたのは昨年の約半分。あと一歩勝ち切れたら、男子総合優勝に向けリードできていた。決勝にシングル、ペアともに4艇あげるという目標は完全には達成できなかったが、全員の自信につながっている。自信を力に変えて、明日の朝からしっかり準備をして戦っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です