【庭球部女子】 岩井・北本組が本戦出場に王手!

<写真・スーパータイブレークを制した岩井(左)・北本組>

 8月9日、岐阜メモリアルセンターにおいて、平成30年度全日本学生テニス選手権大会(予選)が行われた。1日目は、女子ダブルス予選1回戦が行われ、関学からは藤原(国4)・河野(商4)組、岩井(商2)・北本(人1)組が出場。藤原・河野組は最初で最後のインカレだったが、相手の力強いプレーに押されてストレート負けを喫した。一方、岩井・北本組は序盤から一進一退の好ゲーム。第1セットは相性の良さを生かして先取するも、第2セットはタイブレークの末、落とした。勝負のスーパータイブレークでは、北本がボレーを効果的に決め勝利。本戦出場へ王手をかけた。
   あすは同会場にて、インカレ予選2日目、女子シングルス予選1回戦が行われる。
女子ダブルス予選1回戦
藤原・河野(2-6、2-6)●
岩井・北本(6-4、6(5)-7、10-6)〇
試合後のコメント
安定したラリーで攻撃を組み立てた岩井沙樹「とりあえず勝ちたかった。最初から思い切りいこうと思って臨んだ。集中したらこのペアは強いと思う。次戦も集中して臨みたい」
ボレーで果敢に攻めた北本恵里奈「勝ちたい気持ちしかなかった。前向きにプレーできて良かった。次戦ものびのびプレーして本戦に出られるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です