【ソフトテニス部女子】2日目進出ならず

<写真・ガッツポーズをする竹田主将>

    8月9日、岡山県備前市総合運動公園テニスコートにて第73回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会1日目が行われた。
  関学からは10組が出場。最高成績は竹田主将(社4)・福田(教1)ペア、半田(法2)・村井(文2)ペアのベスト64。全10ペアが2日目残留とはならなかった。
[本日の試合結果]
[1回戦敗退]
吉本(人2)・西村(総2)ペア
牛留(文1)・間島(教3)ペア
中本(文1)・中釜(商1)ペア
[2回戦敗退]
永尾(社3)・高本(総1)ペア
中村(文3)・安田(人4)ペア
小林(人2)・芳地(人2)ペア
[3回戦敗退]
高橋(経1)・山口(経3)ペア
大山(商2)・野崎(文4)ペア
[4回戦敗退]
竹田・福田ペア
半田・村井ペア
試合後のコメント
竹田茜主将「自分も含めてまさか負けるとは思っていなかった。負けた試合も体力、技術が劣っていたわけではなく、気持ちの部分で負けていたと思う。個人的にもフルセットまで追い込んで負けたので悔いが残る結果となった。後輩たちには実力があるので、ここぞの場面で持っている実力を出しきれるチームを作ってほしい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です