【ソフトテニス部女子】立教大に敗れ、団体戦ベスト16

<写真・試合後、ミーティングをする竹田主将>

    8月7日、岡山県備前市総合運動公園テニスコートにて第72回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。
   関学は1回戦の国士舘大戦を3-0、2回戦の履正社戦を3-1で順当に勝ち進む。迎えた3回戦の立教大戦。最初の2ペアが勝利し、2勝を先取した。だが、立教大の反撃に合い竹田(社4)・福田(教1)のエースペアとの一騎打ちに。ファイナルセットまでもつれ込むも力負け。ベスト16で敗退となった。

  [試合結果]
 対国士舘大戦
 竹田・福田☆4-0
 野崎(文4)・中村(文3)☆4-0
☆棄権のため

対履正社戦
野崎・半田 ☆4-1
中村・山口 ★1-4
竹田・福田 ☆4-0
野崎・半田 ☆4-1

対立教大戦
山口・中村☆4-2
竹田・福田☆4-0
半田・野崎★0-4
山口・中村★1-4
竹田・福田★3-4

試合後のコメント
竹田茜主将「一言で言うと悔しい。主将である自分が負けてしまい、チームを勝たせることができなかった。立教大のペアは1年生だったが、技に翻弄(ほんろう)されてしまった。だが、最後まで粘れたのはみんなの応援のおかげ。感謝しかない。この1年間色んなことがあったが、全員が成長できたと思う。後輩たちはこの負けを繰り返さないようにしてほしい。そして、明後日からの個人戦では結果を残せるように頑張りたい」

iPhoneから送信

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です