【卓球部】 女子は1回戦敗退、男子は2回戦敗退に終わった

 

<写真・ 試合後、ベンチメンバーとハイタッチをする備本>
  7月14日、東京都墨田区総合体育館にて第88回全日本大学総合選手権大会(団体の部)が行われ、決勝トーナメントが行われた。男女共にベスト4を目指して臨んだ決勝トーナメント。男子は1回戦で東北福祉大と対戦したが、難なくストレートで勝利した。だが、2回戦は中央大と対戦し敗北した。1番手の高橋(商3)は0ー3で敗北してしまったが、続く2番手の大西尚(商2)、3番手のダブルスが3ー2で粘り勝ち、2ー1でリードした。だが、残る4番手、5番手が2ー3で敗北してしまい、中央大に2ー3で2回戦敗退となった。
  一方、女子は1回戦で朝日大と対戦。1番手の青木(社4)が僅差まで追い詰めるも、2ー3で一歩及ばず。残る2人も勝ち切れず、ストレート負けしてしまった。
試合結果
男子
1回戦対東北福祉大
1高橋(商3)☆3ー1
2大西尚(商2)☆3ー0
3廣田 雅(経3)・高橋☆3ー1
2回戦対中央大
1高橋★0ー3
2大西尚(商2)☆3ー2
3廣田 雅(経3)・高橋☆3ー2
5廣田雅★2ー3
4備本(経4)★2ー3
女子
1回戦対朝日大
1青木(社4)★2ー3
2小脇 (社2)★1ー3
3池上 (教4)・青木★0ー3
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です