【サッカー部女子】 5ー2で勝利し2回戦進出!

<写真・ドリブルをする首藤>
      
 7月14日、神戸レディースフットボールセンターにて、平成30年度兵庫県女子サッカー選手権大会が行われ、関学はFC TERRAに5ー2で勝利した。
 前半開始から両者一進一退の攻防が続いた。流れが変わったのは前半14分。サイドからMF首藤(社3)がミドルシュートを決め、先制点を奪った。だが、その4分後に失点し試合は振り出しに。前半終了間際、FW石淵(総4)が得点し2ー1で前半を折り返した。続く後半、またも相手に失点を許し追いつかれる。それでも後半31分の石淵のゴールから2連続得点。5ー2で勝利し、2回戦に駒を進めた。
 次節は7月16日、同会場にて2回戦が行われ、INACレオンチーナと対戦する。
    
試合後のコメント
石淵萌実主将「きょうの試合もゲームプランを立てて入り、リードした上で折り返したのは良かった。失点してからも落ち着き、自分たちらしいサッカーを前半から出来ていれば良かった。しかし、それでも勝てたというのは春季リーグ戦から成長したと思う。次戦はまだ分析ができていないが受け身にならず、後半の入りはきょうの試合をぶらさずに行っていく。春季リーグ戦で悔しい思いをした分、関西大会に出場できたと胸を張って言えるように頑張りたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です